048-441-0493
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-5-7 蕨駅より徒歩2分

動物と人に優しい女性獣医師と、もしもの時の専門医

スタッフブログ

ホーム>スタッフブログ

たまんにゃい


実は先週の土曜日までとても可愛いニャンコが入院していました♪
自宅付近で保護した方が飼ってくださる事になり、
先住猫ちゃんの事も考え1週間ほど入院していました。
目やに、鼻水、くしゃみがひどかったものの、内服治療ですっかり元気になっていき
、びっくりするほどのおてんばちゃんになりました(^o^)
遊びたくて仕方がなっかたようです(^_^;

入院当時は目を全く開けずに可哀想でしたが、
退院日にはすっかり美女になっていました(*^_^*)
あまりの美女に思わずパシャリと一枚(^_^;

入院中に飼い主様が名前も決めて下さりました♪
実は先住の雌猫ちゃんの名前が「アツアゲちゃん」なんだそうです!!(茶トラ)
それを聞いた時、じゃあ、この子にはどんな名前が付くのか
私はとっても楽しみにしていたんです。
そして、決まった名前は


「そぼろちゃん」


な、なんてツボな名前なんでしょう\(^O^)/
とっても可愛い名前を付けてもらって良かったねそぼろちゃん(^_^)b

そんなこんなで、今日の午前診療でそぼろちゃんが来院。
経過を見せにいらっしゃいました。
体重が倍に増えすくすくと成長していました♪
年内に予防接種予定なので、また成長した姿を見るのが楽しみです(*^_^*)

staff 山田



257.1

ありゃりゃ〜

先生から作ってもらったオモチャで
楽しそうに遊んでいるレオ君。
レオはオモチャを最終的には壊すのが好きなんだよね(^_^;
でも紐タイプのオモチャは引っ張り合いが好きみたい♪
紐を咥えて引っ張って!!って訴えてきます。
おじいちゃんだけど、引く力はまだまだ健在!!
私も思いきり踏ん張らないと負けちゃいます(^o^)

レオに関しての悩みといえば
レオのハウスに毛布を敷いてあげられないことが悩みです。
彼は敷いてあげた毛布をことごとく、木っ端みじんにボロボロに
するのです。 

今はボロボロにされても構わない毛布が手に入ったので
敷いてあげていますが、おそらくあと数日しか持たないでしょう(^_^;

レオ〜毛布は暖かいんだよ〜(´・ω・`)!!

staff 山田

304.4

ホッカイロ

おはようございます(^_^)b

私は自転車通勤していますがとうとう手袋が必須となりました(>_<)
だけど今日もチャチャ&レオは元気いっぱいです!!


今日はこの時期と〜〜〜っても増える誤食物のお話です。
題名のとおり「使い捨てホッカイロ」です。

帰宅したら黒い粉が散らばっていた
ホッカイロの袋が破れているのに中身が無い
袋ごと食べちゃった
などなど。
こんなものも食べちゃうの??とびっくりさせられますよね(^_^;


もし食べてしまった場合、症状としてまず嘔吐が現れます。
嘔吐で全部吐ききってしい症状が落ち着けば良いのですが、
場合によっては点滴治療が必要です。

これからの時期
使用したホッカイロをテーブルの上やそこら辺にポーンと置くのでは無く、
ワンちゃんがイタズラ出来ない様なゴミ箱に入れて
しっかり処分して下さいね。

staff 山田

綺麗な花には毒がある?!

こんにちは(^o^)

毎日昼休憩後が通勤中よりも帰宅中よりも寒く感じます。
お経の様に「さむ〜い、あ〜さむ!!」とずっと唱えています。

寒い寒いと言っても暖かくはならないのですが、昔から寒かったり暑かったりすると誰かにうるさいと怒られるまでずっとしゃべっているような子供でした。

寒がりの暑がりって人生生きていく上でかなり損だなあと実感しています。
光熱費が普通の人とくらべてかなり高くなってしまいます(><)

今日は知られているようで意外に知られていないお話をします。

猫ちゃんを飼われている方はご存じかとは思いますが「ユリ」の花は猫ちゃんにとってはなり猛毒なんです。

わんちゃんにとっても毒ではありますが、特に猫ちゃんにとってはかなり重篤な危険物です。

ユリの関しての事故はかなり致死率も高いですし、治療しても生還率はほぼ無いそうです。

ユリを食べた、花粉を舐める以外にもユリの入っている花瓶の水を飲むだけでも猛毒です。

オーナー様方みなさん知っているようで聞いてみると案外知られていない情報でした。

わんちゃん猫ちゃんのママ友様方にもよければ教えてあげて下さいね♪

約1年前、親戚の集まりの時に私が席を外しているすきに親戚が何も知らず娘にアヤメの花を持たせたら娘がそれをパクっと!!
アヤメにも少量の毒があると聞いていたため号泣して救急外来に連れて行ったのを思い出します。

幸い娘は何も無くピンピンしていましたが、今思い出しても恐ろしいです。

「綺麗な花には棘がある」ではありませんが、綺麗な花ほど毒があるそうです。

アヤメの際にお世話になった小児科医に他に危ない植物はないのか聞いたところ「綺麗な花は綺麗でカラフルなほど毒が有る。それは自分が綺麗なために虫などに狙われるのを知っているからあえて毒を作っていると考えなさい」と教えていただきました。

たしかに猛毒で知られているトリカブトなんかもかなろ綺麗ですもんね!!

お家にお花を飾ったり観葉植物なんかを育てられている方はもう一度その植物には犬猫にとって害が無いのか調べてみるのもいいかもしれません(^^)



staff * ますざわ

41.3

フワフワ〜

皆さんが飼われているワンちゃんネコちゃんには
何かお気に入りの寝具がありますか?
フワフワした毛布が好き。ふかふかのお布団の上で寝るのが好き。
きっといろいろあると思いますが、
当院では診察時にフワフワのブランケットを使用しています(*^_^*)
怖がりのこにはブランケットでお顔を隠してあげたり
なかなかキャリーから出たがらないこに
これでフワッと包んで出してあげたりと
お家で普段使っているものに近いものを使用することで
少しでもリラックス効果が得られます♪
このブランケットの上でフミフミしてくれた猫ちゃんも
居たりして、結構効果があるんですよ(^o^)!

もちろん普段お家で使っているものには自分の匂いがたっぷりと
染み込んでいるはずなので、それを診察台に敷くと
警戒心も少し薄れるんですよ(*^_^*)



動物病院が初めてで、怖がったりしないか心配な方は
是非お家で使っている毛布も一緒にキャリーに入れてあげて下さいね♪

staff 山田







165.3