048-441-0493
〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-5-7 蕨駅より徒歩2分

動物と人に優しい女性獣医師と、もしもの時の専門医

化学療法

ホーム>化学療法

お家での化学療法剤の飲ませ方

化学療法を受けたご家族の生の声:猫のリンパ腫治療編

ほとんどの化学療法剤は、約24〜48時間、薬物あるいはその代謝物として、尿や糞便中にある程度排泄されます。ですので、化学療法投与後2日程度は動物の体液に直接触れないように心がける必要があります。化学療法後の体内排泄物の管理について、いくつかの手順を下記にご紹介致します。

  1. 1手袋を着用します

    排泄物を処理する必要がある場合は、ラテックス製の手袋を着用し、処理後は手袋をはずしてゴミ箱に捨て、手を洗ってください。

    イメージ

  2. 2ゴミはビニール袋に入れてから捨ててください

    猫砂を使用する場合は、固まりやすい砂を使用してください。ゴミをすくうときはラテックス製の手袋を着用し、すくった後は手を洗い、手袋ははずしてゴミ箱に捨て手を洗ってください。これらのゴミはビニール袋に入れてからゴミ箱に捨ててください。

    イメージ

  3. 3多頭飼いの場合、できるだけ頻繁に掃除を心がけてください

    他の猫に別のトイレを使用させることができれば理想的です。もし不可能な場合は、他の猫が患者の排泄物を足につけて毛づくろいすることがないように、できるだけ頻繁にトイレを掃除するよう心がけて下さい。

  4. 4屋外で排泄させる場合

    屋外で排泄させる場合は、尿がすぐに希釈され、薬物や代謝物が日光や雨で不活性化されるような土の上でさせるよう心がけて下さい。

    イメージ

  5. 5固形廃棄物を拾う必要がある場合

    固形廃棄物を拾う必要がある場合は、ラテックス手袋を着用し、ビニール袋に入れてゴミ箱に捨ててください。

  6. 6排泄物を人のトイレに流す場合

    排泄物を人のトイレに流す場合は、トイレの蓋を閉めて、2回に分けて流してください。

  7. 7普段のトイレ以外で糞尿をしてしまった場合

    家庭内で、普段のトイレ以外で糞尿をしてしまった場合、まず手袋を装着し、ペーパータオルなど使い捨ての吸収体(捨ててもかまわない古タオルなど)を使用してください。それらはビニール袋に入れてゴミ箱に捨てて下さい。化学療法剤には漂白剤が最も効果的ですが、漂白剤が使用できない場合は、他の石鹸やクリーナーを用いてもかまいません。

  8. 8寝具類が汚れた場合

    汚れた寝具類は、なるべく洗わずに捨ててください。

  9. 9他の動物を飼育している場合

    他の動物が、患者の排泄物を摂取しないよう気をつけて下さい。

  10. 10誤って排泄物に触れてしまった場合

    誤って排泄物に触れてしまった場合、慌てず、石鹸と多量の水で洗い流してください。最も高濃度で排泄される薬物でも約48時間かけて排泄されるので、1回の排泄量はペットが受けた量の数分の1、実際に皮膚に付着する量はその数分の1、皮膚を透過するのはごくわずかな量に過ぎません。

    イメージ

上記の処置に加え、妊娠中または妊娠の可能性のある女性は、以下のことを心がけて下さい。

  1. 化学療法が行われている間は、その部屋にいないようにしてください。化学療法が実施されている部屋には入らないよう気をつけて下さい。
  2. 自宅で行うために調剤された化学療法薬を、決して扱わないでください。
  3. 化学療法を受けたペットの尿や糞便を扱わないよう心がけて下さい。過去3日以内に化学療法を受けたペットの尿や排泄物を扱わないください。これらの仕事は他の家族に任せてください。